矯正歯科

きれいな歯並びは見た目に好印象でまた体の健康にもつながります

様々な症例に合わせた治療法をお受けいただけます。

歯の裏側矯正(舌側矯正) 表面からは見えにくいように歯の裏側に矯正装置を装着する方法です。
小児矯正 1~2本から軽いズレを小児のうちに治しておくと全体矯正の際に、負担が減ります。
歯科矯正用アンカースクリュー 歯を動かす装置は、大きくて根っこの深い歯を固定源としますが、この歯に力が足りない時にはインプラントを植立し、それを固定源にします。
歯周病&矯正 歯周病によって正しく並んでいた歯の位置がずれた場合、歯並びが悪いために磨き残しが増え、ますます歯周病を助長します。
歯並びを整えながら歯周病の治療をすることで相乗効果が得られます。

※前歯がすでに虫歯で健康でない場合、セラミック冠治療(差し歯)で歯並びをきれいにすることもできます。

矯正治療の流れ

ステップ1.初診・相談

多くの治療例の中から、それぞれの症状と同じ様な症例をご覧頂き、治療のあらましの説明をします。

ステップ2.精密検査
精密検査

レントゲン写真、歯型、歯や顔写真を資料取りします

セファロレントゲン
ひと言に“咬合不良”と言ってもさまざまな要因があります。
見た目にはわかりにくい要因を診断するために当院ではセファロレントゲンを導入しています。
横顔の顎の骨と歯の位置を正確に把握することが出来るためより有効な治療を進めていく上で大変役立ちます。

ステップ3.診断(審査結果の説明)

治療方法、装置、期間、費用の説明をさせていただきます。
当院では、ご希望の方にはセファロレントゲンを用いたコンピュータ分析、および治療予測シミュレーションを取り入れています。

コンピュータ分析
コンピュータ分析

症例:上下の顎の骨の位置は良いが、上下の前歯が傾斜していることがわかります。

シミュレーション

シミュレーション

歯の位置を正常にすると唇もきれいに収まるシミュレーションの例です。

ステップ4.治療開始

説明をご理解いただいた後に治療を開始します。

矯正装置

マルチブラケット装置の種類

マルチブラケット装置の種類

装置を歯の裏側に装着する矯正法

マルチブラケットを歯の裏側に装着することにより、装置をつけていることが目立たなくなります。
装置が目立つことが理由で矯正治療をためらわれていた方にぜひお薦めします。

長所装置が目立たない
短所歯の裏側に装置があるので舌が当たり会話や食事がしにくい。
舌が当たって気になる。
治療期間が長くなり、微妙な調整がしにくい。
上下顎ともに舌側装置(治療中の写真です)
上下顎ともに舌側装置(治療中の写真です)

正面

お口の中

お口の中

上顎のみ舌側装置 下は外側透明装置(治療中の写真です)
上顎のみ舌側装置 下は外側透明装置(治療中の写真です)

正面

お口の中

お口の中

矯正の動画(動画で矯正の様子をご覧頂けます。)
【1】舌側矯正 【2】下顎舌側矯正 【3】表舌側矯正 【4】上顎舌側矯正

矯正治療例

出っ歯(上顎前突) 治療期間 約2年7ヶ月

出っ歯(上顎前突) 治療期間 約2年7ヶ月

受け口(反対咬合) 治療期間 約2年 11歳男性

受け口(反対咬合) 治療期間 約2年 11歳男性

デコボコ歯並び(叢生) 治療期間 約2年3ヶ月 10歳女性

デコボコ歯並び(叢生) 治療期間 約2年3ヶ月 10歳女性

開咬 治療期間 約3年1ヶ月 16歳男性

開咬 治療期間 約3年1ヶ月 16歳男性

お電話でのお問い合わせはこちら 079-293-0007お電話でのお問い合わせはこちら 079-293-0007

受付時間 午前9:00~午後7:00(木曜休診)受付時間 午前9:00~午後7:00 木曜日休診〒670-0074 兵庫県姫路市御立西4丁目2-5