咬合不良治療

咬合不良とは?

歯の欠損の放置、プラスチック冠の磨耗、歯周病による歯の傾斜などにより咬みあわせがズレて来る症状を咬合不良といいます。
咬合不良とは顎骨のズレによる咬み合わせの不都合を治療することです。
このような場合は歯を支える歯肉の治療と平行して仮歯を装着し、全体的な咬みあわせと歯肉の状態を安定させた上で最終的なセラミック冠を装着します。
また、歯と歯の間に隙が出来た場合は矯正で歯並びを整え、削らない方法で咬みあわせを安定させます。

咬合不良症例

歯周病・部分矯正・セラミック総合治療 50代男性
歯周病・部分矯正・セラミック総合治療 50代男性
 
主訴 歯ぐきからの出血。歯がぐらつく。歯と歯の間に隙できて食べ物が詰まる。思い切って咬めない。
治療 歯周病治療後、矯正により位置を整え、セラミック冠で修復した。
コメント 見た目がきれになったことで人と接する時に明るくなった気がします。
歯ぐきからの出血もなくなり、食事もおいしく感じられます。
お電話でのお問い合わせはこちら 079-293-0007お電話でのお問い合わせはこちら 079-293-0007

受付時間 午前9:00~午後7:00(木曜休診)受付時間 午前9:00~午後7:00 木曜日休診〒670-0074 兵庫県姫路市御立西4丁目2-5