ITAGAKI DENTAL CLINICITAGAKI DENTAL CLINIC

矯正歯科ORTHODINTIC TREATMENT

きれいな歯並びは見た目に好印象でまた体の健康にもつながります

透明なマウスピース矯正
(インビザライン)
着脱可能な透明のマウスピース(「アライナー」と呼ばれる)を用いて矯正を行う方法です。 invisalign-2x
歯の裏側矯正
(舌側矯正)
表面からは見えにくいように歯の裏側に矯正装置を装着する方法です。当院ではマウスピース矯正をお勧めしております。
小児矯正 1~2本から軽いズレを小児のうちに治しておくと全体矯正の際に、負担が減ります。
歯科矯正用アンカースクリュー 歯を動かす装置は、大きくて根っこの深い歯を固定源としますが、この歯に力が足りない時にはインプラントを植立し、それを固定源にします。
歯周病&矯正 歯周病によって正しく並んでいた歯の位置がずれた場合、歯並びが悪いために磨き残しが増え、ますます歯周病を助長します。 歯並びを整えながら歯周病の治療をすることで相乗効果が得られます。
※前歯がすでに虫歯で健康でない場合、セラミック冠治療(差し歯)で歯並びをきれいにすることもできます。

矯正治療の流れ

STEP01.初診・無料相談

当院は矯正相談を無料で行っております。ヒアリングを丁寧に行い、問題点を診断し状態を共有した上で、イメージをしやすいよう、多くの治療例の中からお客様のお悩みにに近いような症例をご覧いただき、治療について説明いたします。 その中からいくつかの解決策を提案させて頂き、それぞれの治療法のメリット・デメリットをお伝えし、納得したうえで治療に臨んでいただきます。

STEP02.精密検査

レントゲン写真、歯型、歯や顔写真を資料取りします。
セファロレントゲン
ひと言に“咬合不良”と言ってもさまざまな要因があります。 見た目にはわかりにくい要因を診断するために当院ではセファロレントゲンを導入しています。 横顔の顎の骨と歯の位置を正確に把握することが出来るためより有効な治療を進めていく上で大変役立ちます。
 
3Dスキャン
透明なマウスピース矯正の場合、iTeroという3D光学スキャナーを用いて歯型の資料の採取を行います。精密・正確な型取りができるのが特徴です。 平均10分ほどで上下の歯型を取ることができます。棒状の機器を口の中に入れ、光で歯をスキャンするだけなので、快適な型取りが可能です。
精密検査

STEP03.診断(審査結果の説明)

治療方法、装置、期間、費用の説明をさせていただきます。 当院では、ご希望の方にはセファロレントゲンを用いたコンピュータ分析、および治療予測シミュレーションを取り入れています。  
コンピュータ分析
症例:上下の顎の骨の位置は良いが、上下の前歯が傾斜していることがわかります。
シミュレーション
シミュレーション 歯の位置を正常にすると唇もきれいに収まるシミュレーションの例です。
コンピュータ分析

STEP04.治療開始

シミュレーション結果や説明をご理解いただいた後に治療を開始します。  

透明なマウスピース型矯正装置(インビザライン)

 

透明なマウスピース(インビザライン)矯正法

透明なマウスピース(インビザライン)を用いる矯正方法です。 インビザラインとは、米国アライン・テクノロジー社が提供するマウスピース型矯正治療で、他人から気づかれくく、従来のワイヤー矯正と比較すると痛みが少ないのが特徴です。 また固定式の矯正器具ではないため、歯を清潔に保つことができます。 当院では「目立つ矯正はちょっと…」というお客様に対してはこちらのインビザライン矯正をお勧めしております。  
長所 ・透明なマウスピース型矯正装置のためほとんど目立たない。 ・歯を少しずつ動かすため、ワイヤー矯正などと比較して痛みが少ない。 ・取り外しが可能で日常生活に支障が出ない。
短所 ・適応できない症例がある。(骨格性の症例等)
Invisalign_Trio2

こんな方におススメ!

 
  • 矯正したいけど人目が気になる
  • 人前に立つことが多くギラギラしたワイヤーをつけたくない
  • 昔、矯正した歯が後戻りしてしまったけど、改めてワイヤーの矯正はしたくはない
  • 虫歯ができやすいから、しっかり歯が磨ける器具にしたい
  • 取り外し可能でいざという時(就職面接や結婚式 etc.)に外せるようにしたい
  • できるだけ費用のかからないようにしたい
 
AlignerPair

インビザライン矯正をおすすめする理由

 
目立たない
透明なマウスピース型の矯正器具なので、ほとんど目立ちません。「あまり気づかれなかった」「鏡で見ても違和感がない」といったお声も頂いております。
 
取り外し可能
マウスピースは一日20時間装着していれば良いため、いざという時は外すことができます。例えば就職面接や結婚式などが控えている方によくご相談されます。
 
痛みや歯へのダメージが少ない
少ない本数の歯に大きな負担をかけるワイヤー矯正と比較して、全体に小さい負担をかけるインビザライン矯正は痛みや歯へのダメージが少ないです。
 
食事・歯磨き時のストレスが少ない
ワイヤー矯正をしているお客様のお悩みで多いのが、「食事が歯に挟まってしまう・歯磨きをしづらい」ということです。 マウスピースは取り外すことができるので、いつもと変わらずに食事・歯磨きができるので、ストレスフリーに過ごすことが可能です。また、虫歯のリスクも減らすことができます。
 
虫歯になりにくい
通常のワイヤー矯正は、器具が邪魔をして歯磨きをしづらく、食べ物が挟まりやすいので、口腔内が虫歯になりやすい環境になってしまいます。 インビザライン矯正であれば、食事や歯磨きの際に取り外しができるので、虫歯のリスクを比較的小さくできます。
 
費用が分かりやすい
インビザラインは5年間の保証期間があり、その期間内であれば治療計画の変更などでマウスピースの作り直しになったとしても追加料金がかかりません。 また、当院ではトータルフィー制度を採用しており、通常の矯正歯科でかかる月々の調整料金等は一切いただかないので、治療にかかる費用が分かりやすくなっております。
 

インビザライン矯正の流れ

 

STEP01.3Dスキャナーで型取り

iTero(3D光学スキャナー)を使い、歯並びや歯の形状を型取りします。平均1分ほどで上下の歯型を取ることができます。棒状の機器を口の中に入れ、光で歯をスキャンするだけなので、快適な型取りが可能です。 従来のシリコンで歯型を取る方法ですと嘔吐反射が起こることがございますが、3Dスキャナーであれば不快感を感じることはほとんどございません。

STEP02.資料発送・マウスピースの3Dモデル作成

iTeroで採取した歯並びのデータやレントゲン写真は、インビザラインの開発元である米国アライン・テクノロジー社へと送られます。 アライン・テクノロジー社ではそれらのデータを元に、治療シミュレーション用の3Dモデルを作成。そのデータに担当の歯科医師が綿密な修正を加え、治療用の3Dモデルが完成します

STEP03.シミュレーション・治療計画の作成

完成した3Dモデルを用いて、担当の歯科医師がコンピュータ上で歯の動きをシミュレーションし、治療計画を立案し、最適なものをお客様に提案いたします。 この治療計画立案により治療の仕上がりが左右されます。患者様に治療シミュレーションや、治療後の3Dモデルをご覧いただきながら、治療計画や治療期間のご説明をします

STEP04.治療開始

仕上がりや治療計画に納得していただければ、アライン・テクノロジー社へデータを送り、アライナーの作成を行い、治療をスタートします。 装着方法や・手入れの仕方・注意点などのレクチャーの後、ご自身で装着頂きます。取り扱いは簡単です。アライナーは健診ごとに数枚お渡しし、二週間おきに新しいものに変えて歯を動かしていきます。

STEP05.定期健診

矯正の経過は順調か、アライナーには適合しているか、お口の中の健康状態は良好かなどをチェックするために、1~3ヵ月に1度の頻度でご来院頂きます。 定期的に器具のメンテナンスが必要なワイヤー矯正と異なり、来院頻度は比較的少なめで大丈夫です。また、定期健診で経過を見つつ、次のアライナーを一度に数枚お渡しします。

STEP06.治療終了

最後のアライナーの装着期間が終了した後、仕上がりのシミュレーション画像と比較いたします。 微調整が必要な場合はさらに3Dスキャナーで歯型を採取し、追加のアライナーを作成し、理想の歯並びとなるまで治療を継続します。 こちらの治療には追加料金はかかりません。

STEP07.保定

治療が完了しても、そのままにしておくと歯が元の位置に戻ってしまいます。 歯並びが安定するまで、就寝時に保定装置(リテーナー)を装着していただきます。

インビザラインへのよくある疑問

 
費用はどれくらい?
歯並びの程度にもよりますが、¥400,000~900,000(+税) 程度です。 当院はマウスピース矯正に限り、トータルフィー制度を採用しており、通常の矯正歯科でかかる月々の調整料金等は一切いただきません。
 
期間はどれくらい?
歯をどれだけ動かすかによって期間は変わりますが、一般的に1年半から3年程度の期間であることが多いです。 これはワイヤー矯正と同程度の期間です。一度に動かす距離はワイヤー矯正よりも小さいのですが、シミュレーション通り無駄なく動かすことが可能なので、小さい負担でワイヤー矯正と同程度の期間で矯正することが可能です。
 
痛みってどれくらい?違和感はあるの?
個人差はございますが、「痛みはあまりない」と仰るお客様が多いです。プラスチック素材でできており柔らかい、一度の動きが距離が比較的小さいなどの理由で、ワイヤー矯正よりも痛みが少ないです。 インビザライン矯正をはじめて3日程度は違和感を感じることもありますが、一週間程度で慣れる方が多いため、「できる限り痛くない矯正を選びたい」という方におすすめです。
 
・ワイヤー矯正と歯の動きに違いはあるの?
ワイヤー矯正は一回の動きが比較的大きいです。また、動かしたい歯の周辺の歯に負担がかかります。また、微調整に時間がかかってしまいます。 対してインビザライン矯正では一回の動きが比較的小さいです。歯並びの完成形から逆算し、各ステージに分け、それぞれのマウスピースをはめて矯正を行うので、無駄なく必要最低限で歯を動かせます。また、負担は歯全体に分散されるため、歯へのダメージは少ないです。  

一般的な矯正装置

マルチブラケット装置の種類

マルチブラケット装置の種類

舌側矯正

大変申し訳ございません。現在大変込み合っており舌側矯正(裏側矯正)をお受けすることができません。 どうしても表に装置をつけたくない場合はアライナー矯正(インビザライン)治療でご対応させていただきます。 マルチブラケットを歯の裏側に装着することにより、装置をつけていることが目立たなくなります。 装置が目立つことが理由で矯正治療をためらわれていた方にぜひお薦めします。
長所 装置が目立たない
短所 歯の裏側に装置があるので舌が当たり会話や食事がしにくい。 舌が当たって気になる。 治療期間が長くなり、微妙な調整がしにくい。

上下顎ともに舌側装置(治療中の写真です)

上下顎ともに舌側装置(治療中の写真です)

正面

お口の中

お口の中

上顎のみ舌側装置 下は外側透明装置(治療中の写真です)

上顎のみ舌側装置 下は外側透明装置(治療中の写真です)

正面

お口の中

お口の中

矯正の動画(動画で矯正の様子をご覧頂けます。)

矯正治療例

出っ歯(上顎前突) 治療期間 約2年7ヶ月
出っ歯(上顎前突) 治療期間 約2年7ヶ月
受け口(反対咬合) 治療期間 約2年 11歳男性
受け口(反対咬合) 治療期間 約2年 11歳男性
デコボコ歯並び(叢生) 治療期間 約2年3ヶ月 10歳女性
デコボコ歯並び(叢生) 治療期間 約2年3ヶ月 10歳女性
開咬 治療期間 約3年1ヶ月 16歳男性
開咬 治療期間 約3年1ヶ月 16歳男性