ITAGAKI DENTAL CLINICITAGAKI DENTAL CLINIC

自分の歯を残したい方へMY TEETH

歯を抜くことになる4つの理由

歯を抜くことになる理由は様々ですが、大きく分けると4つの理由に分類されます。
もしかしたらその歯は抜かずに残せるかも?

REASON01.根尖性歯周炎

  • 「根の先の骨に膿が溜まっている」と言われた
  • 歯肉にニキビのようなものができて膿が出ている
  • 咬むと違和感がある
  • X線(レントゲン)で根の先の骨が溶けていると言われた

これらの場合はおそらく「根尖性歯周炎」です。
歯の根の事を「歯根」、根の中にある管の事を「根管」、歯の中にある神経の事を「歯髄」と言います。
抜歯を行わず、精密根管治療でその歯を救える可能性があります。
根管治療は非常に繊細な治療が必要です。
いわゆる保険診療による根管治療を繰り返すと、歯が深刻なダメージを負い二度と回復できない状態になることもあります。
根管治療が必要と判断した場合は早期に精密根管治療を受ける事をお勧めします。

REASON02.歯周病(歯槽膿漏)

  • 「歯周病が強く進行している」と言われた
  • 歯肉の中の骨が溶けていると言われた
  • たまに歯肉が腫れる
  • うまく咬めない
  • 歯が揺れている

これらの場合はおそらく「歯周病(歯槽膿漏)」です。
歯周ポケットの深くについている歯石を除去する必要があります。
溶けてしまった骨にはエムドゲインやリグロスなどを使用した再生療法によって骨の回復が行えるかもしれません。
また、歯周病は「咬合性外傷」と呼ばれる咬み合わせが不良な状態でも発生しますので、咬合調整で歯周病の進行を抑制することが必要です。

REASON03.矯正治療

  • 矯正治療で歯を抜く必要があると言われた
  • スペースが足りないので抜歯が必要だと言われた

矯正治療は抜歯をなるべく避ける方法があります。
しかし無理に抜歯を行わない治療を強行した場合、後に非常に深刻なトラブルを抱えることになります。
抜歯を避けられるかという診断を適正に行い、治療を行うことが望まれます。

REASON04.親不知(おやしらず)

  • 「親不知の抜歯をした方がよい」と言われた

「親不知ってホンマに抜かなあかんの?」と感じられている方、多いです。
親不知を抜いたほうが良い理由はたくさんありますが、逆に親不知を抜くことで非常に高いリスクを負う場合もあります。
適正な診断の元、患者様の希望に合わせた治療が必要です。是非ご相談ください。