ITAGAKI DENTAL CLINICITAGAKI DENTAL CLINIC

根管治療(歯の根の治療)ROOT CANAL TREATMENT

根管治療とは?

根管治療とはなんらかの理由で神経を失うことになった歯や、
中で感染が起こっている歯に対して行われる「根の治療」です。
歯の根の事を「歯根」、根の中にある管の事を「根管」、歯の中にある神経の事を「歯髄」と言います。

根管治療には①抜髄と②感染根管治療があります。

  • 健康な歯には神経が存在しますが、虫歯などで感染すると痛みが発生するので
    神経を取る必要があります。この作業を「抜髄」と言います。
  • 神経が既になくなってしまった歯に感染が起きた場合は、根の治療が必要になります。
    それが「感染根管治療」です。
根管治療

根管治療は見えないところの治療ですのでよくわからない方も多いと思います。
詳しくわからない方にとって良し悪しを判断する材料となるのは
「痛い」か「痛くない」か、ではないでしょうか?
実は痛くなくても根管治療が適切に行われていないケースはたくさんあります。
そして根管治療での問題が発生するのは約5年後、忘れてしまった頃です。
最悪の場合抜歯が必要になります。

根管治療で良好な結果を得られれば、抜く必要があるといわれた歯でも残すことができます。
良好な結果を得るためには精度の高い根管治療を受ける必要があります。

治療前の状態1

精密根管治療

当院では、精度の高い根管治療を行なっております。

  • 根が悪く抜歯が必要と言われた方
  • 虫歯が深く、歯髄(歯の神経)を取る必要があるといわれた
  • 他院で根管治療に通っているがなかなか治療が終わらない方
  • 根管治療が終了したが痛みが発生する方
  • 歯ぐきにおできができて膿(うみ)がでてくる方

そんな方にお薦めしているのがこの精密根管治療です。

通常、根管治療というのは歯科医師の肉眼による治療となります。
しかし、歯の内部にある根管や神経というのは人それぞれとても複雑な形状をしており、
その中の細菌を除去する作業というのは実は肉眼では限界があり、
そうなると歯科医師の経験と勘によって行うしかないのです。

当院では、歯科用CTレントゲン、Ni-Tiファイル、エンジンリーマー、根管長測定器、
マイクロスコープ、ラバーダム、マイクロバキュームなど、
根管治療に必要な様々な機材を導入しております。

マイクロスコープ

マイクロスコープは肉眼では見えない歯の内部を20倍に拡大して
見ることのできる歯科用顕微鏡です。
歯科用のマイクロスコープを導入している歯科医院はまだ多いとは言えません。
また、マイクロスコープを導入しているからと言って
根管治療に力を入れているとは限りません。

この歯科用顕微鏡を使い歯の内部をしっかりと拡大して見ながら、
痛みや虫歯の原因となっている部分を特定し確実な治療を行います。

歯の根の治療でお困りの方は是非ご相談ください。

マイクロスコープ
CT撮影装置
CT撮影装置
治療前後のX線写真
1595245834398
カールツァイス製マイクロスコープ
カールツァイス製マイクロスコープ
多機能根管長測定器
DSC_2981
根管治療器具
DSC_7133
小臼歯部の根管治療の様子
E06011_filtered
大臼歯部の根管治療の様子
E10575_filtered

料金

当院の根管治療の料金表です。

前歯 40000(+税)~
小臼歯 60000(+税)~
大臼歯 80000(+税)~

※別途CT撮影料9,800(+税)が必要です。