【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置

BEFORE

【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置BEFORE

AFTER

【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置BEFORE

治療情報

症状
症状なし
X線写真検査により齲蝕を疑い治療に介入することとなった
治療方法
e-maxアンレー処置
(セラミックインレーと思っていただいてOK)
費用
¥120000(税込み)
備考
当初はCRF(ダイレクトボンディング)にて処置を完了させる予定であったが、予想以上に齲窩が大きい事からe-maxアンレー(セラミックインレー)処置へ変更した

患者様情報

年代
30代
性別
女性

治療方法

【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置治療方法01
治療前の状態

少し着色がある程度で、「簡易検診」などではおそらく虫歯と判断されず、
痛みも違和感も全くありませんのでご自身で気づくことは不可能でしょう

【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置治療方法02
X線写真
歯の中に黒い影が見えます

ちなみに上の歯にも同じような透過像が写っていますが、こちらも処置しております。
【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置治療方法03
古いコンポジットレジンを除去すると、中から非常に大きな齲蝕が現れました。

マイクロスコープ下で齲蝕検知液を使用し、丁寧に齲蝕除去を行います。
【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置治療方法04
齲蝕除去が完了しました。

それなりに大きいだろうとは思っていましたが、想像以上でした。
【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置治療方法05
本来はCRF(ダイレクトボンディング)にて処置を終了する予定でしたので、e-max用に形成する時間がなくこの日は簡易的にレジン修復を行い終了。
【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置治療方法06
後日、e-max装着に適した形へと形成します。

その後印象(型どり)を行います。
【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置治療方法07
こちらの写真は仮歯です。

型どり後は仮歯を付けて帰って頂きます。
【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置治療方法08
さらに後日、e-maxアンレー(セラミックインレー)が仕上がって納品されました。
【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置治療方法09
ラバーダムをかけ、天然歯をしっかりと清掃します。

清掃および乾燥をどれだけ丁寧に行うかで、長期予後に大きな違いが生まれます。
【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置治療方法10
エッチング処理など様々な処理を加えます
【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置治療方法11
コンポジットレジンにて接着操作、圧接
【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置治療方法12
余剰レジンの除去
【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置治療方法13
マージンライン(詰め物と歯の境目)がほぼわからない程度に接着が出来ました。

セラミックの精度が高くなければこのようにはなりません。
【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置治療方法14
こちらは今回の症例には関係ない方の写真です

他院で行ったセラミックインレー、素材もe-maxではなくおそらくハイブリットセラミック(ハイブリットレジン)でしょう。

引き合いに出すのは申し訳ないのですが、少しでも雑に処置を行うとこんな事になってしまいます。
ただこの状態でも短い期間で見れば、特に大きな痛みもなくそれなりに噛めてしまうのが悩ましいところ
費用を安く抑えて処置をして下さったそうですが、結果的にさらに費用が掛かる羽目に…

こちらの方はセラミックと歯がところどころ欠けており、セラミックを外すと中に虫歯がありました。
もしかすると歯が大きく割れてしまい、歯を失ってしまうかもしれない危険な状態だったと言えるでしょう。

こちらの方はすでに当院で処置済です。写真もいずれ記載する予定ですので是非ご覧ください。
【症例】e-max アンレー(セラミックインレー)処置治療方法15
ラバーダムを外し、咬合調整を行いました。

「どこを治したかほぼわからない」という審美的な見た目、なおかつ「長期的な機能の安定」が期待できる治療が出来たのではないかなと思っております。

歯科医である自分が「自分に治療をしてもらいたい」と思える治療を常に目指し精進致します。